profile

Afro Begue – アフロベゲ

Omar Gaindefall – オマール・ゲンデファル / Vocal, Djembe
Yusuke Tsuda – 津田 悠佑 / Guitar
SuzKen – スズケン / Bass
Daisuke Fujiwara – 藤原 大輔 / Sax, Flute
Toshiyuki Sasaki – 佐々木 俊之 / Drums
Hajime Hashimoto – 橋本 肇 / Percussion

ジェンベ・マスターのセネガル人オマール・ゲンデファル率いるアフロビートバンド。「アフロベゲ」の「ベゲ」はウォロフ語で「楽しむ」。セネガルに数世代に渡る伝承音楽家(グリオ)であるオマールの伝統音楽と現代のサウンドを融合させたオリジナルサウンド。ジャンルを超えた沢山の人たちに聴いてもらうべ く、全国各地でライブ活動を行い、圧倒的なパフォーマンスで見る者を魅了。
2014年、1st Album「BEGUE」を発表。
2015年より、「アフリカンフェスティバルよこはま」オープニングセレモニー等公式イベントなど、各地イベントやフェスティバルにゲスト出演。
2016年、「ジェンベの神様」ママディ・ケイタ氏来日パーティーで演奏、ママディ氏より高く賞賛させる。また、オマールが立ち上げ、セネガルで開催された二国大使館公認チャリティーイベント「SENE-JAPON Festival」に出演、上田正樹氏、Freres Guisseとの共演も果たす。
バスケットボール女子日本代表国際強化試合2016の日本・セネガル戦(小田原大会)において、日本・セネガル代表としてオープニングパフォーマンスで演奏を行う(オマールは3試合で国歌独唱)。
2017年、2nd Album「SANTAT」をPlaywrightよりリリース。
5月に代官山UNITにてリリースパーティーを開催、大盛況のうちに終える。
3年連続「すみだストリートジャズフェスティバル」出演、国内最大級のジャズフェスティバル「東京JAZZフェスティバル」出演し大観衆を魅了。
今後もセネガル・日本の橋渡しとして、新しいスタイルのアフリカンミュージックを発信し続ける。

Afro Begue is the afrobeat band led by Djembe master Omar Gaindefall began in 2010, with the concept “Begue,” or “Enjoy” in Wolof, a language spoken in Senegal. Their original sound mixes the traditional style of the Senegalese “Griot” with raggae, jazz, and pop.
The band released their first album “Begue” in 2014.
Since 2015, their highly acclaimed performance at the African Festival Yokohama was attended by African ambassadors in Japan, also performed at many festivals and events as a guest musician.
2016 marked a milestone, when the band performed for Mr. Mamady Keita and received accolades. In addition, Omar launched the charity project for Senegalese children, gained official approval from both Senegal and Japan Embassies, and the band had stages in Senegal for the first time. The band performed with Mr. Masaki Ueda and Freres Guisses.
In 2017, the band released their second album “SANTAT” from the jazz music label Playwright.
Played at Sumida Street Jazz Festival (since 2015) and Tokyo Jazz Festival, the biggest Jazz Festival in Japan, and and attracted audiences with big success.
As the bridge between Senegal and Japan, the band continues to explore new forms of African music.